コミュニケーション

人見知り克服のための3ステップ

子供に限らず大人でも人見知りする人はすごく多いです。「人前で何か話そうとすると極度に緊張してしまう。」「初めて会う人と何も話せない。」と話す身近な人はいませんでしょうか?もしくはあなたがそうではないでしょうか?「あがり症」「引っ込み思案」なんてよく言われますが、顔が赤くなったり手が震えてしまうのはその典型的な症状です。特に人間関係が上手くいかずうつ病になってしまった方はその傾向が強いです。

何故そうなってしまうのか?それは周りの評価を気にしすぎるからです。「噛んだらどうしよう…。」「きっと変な人って思われてるんだ…。」「自分が発言する度に心の底で笑ってるんじゃないだろうか…。」という事を考えてしまい、人前で話す事が恐くなってしまいます。そんな自分を変えるためにはどうすればいいのか?是非やってみてほしい3つのステップがあります。

STEP1.自己分析
STEP2.偏った考えグセを改める
STEP3.実践練習

STEP1.自己分析
ここでは自分がどういった場面に弱いのか癖を把握する段階です。「人前で話す時になると緊張する。」このように原因が分かればおのずと対策が見えてきます。

STEP2.偏った考えグセを改める
人前で緊張しがちな人は自分の発言に100点満点を求めがちです。更に石橋を叩いて渡るような人は台本通りに一字一句間違えないようにと考えて、ちょっと言いよどみがあった途端に頭が真っ白になってしまいます。なので、ちょっとハードルを下げてしまえば気持ちに余裕が出ます。「◯◯と✕✕の要点だけ抑えておけばOK。」くらいの心持ちで大丈夫です。噛んだりとかちょっとしたハプニングも面白がるくらいまでになれれば理想です。

STEP3.実践練習
もちろんSTEP1、2を抑えてもいきなり実践で100%発揮は難しいでしょう。そこで練習です。自分がちょっと頑張ればできそうなところからトライしていくのです。「セミナー中に講師に1つだけ質問をしてみる。」「グループディスカッションの発表時に最初の発表をしてみる。」これくらいの目標設定で構いませんので、できたらこれを小さな成功体験として心に刻んでください。

これを繰り返していくとどんどん自信がついてきて、人前で話す事への抵抗感が薄れていきます。「人見知りが激しい。」「うつ病になった事で人前が恐くなってしまった。」そんな方はまずこのSTEP1から少しずつでもいいのでトライしてみてください。じっくりと、だけれどもしっかりと自分と向き合っていく事で苦手意識を克服できますよ。

アクセルトライおおたでは人前で話す事が苦手な方が克服できるグループワークを実施しています。お問い合わせはこちらからどうぞ。

大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

アクセルトライおおたへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6404-9991
受付時間 9:15〜17:15 [日・年末年始除く]

新型コロナウィルスによる
感染拡大防止に伴う
営業・利用時間変更のお知らせ