うつ病

職場復帰(リワーク)支援の流れってどうなってるの?

アクセルトライおおたの職場復帰(リワーク)希望者は休職している会社の産業医もしくは主治医からリワークプログラムを勧められて来られる方が多いです。医療機関でうつ病の診断を受けて休職する事になると、会社の上司に病気休業診断書を提出する事となります。それから上司より人事、産業医に連絡がされ、本人と産業医とで面談の行った上で休職する事となります。

療養生活の中である程度寛解に至ると、主治医や産業医とのやり取りの中で職場復帰(リワーク)の目処についても話します。そこでリワークプログラムを受ける事を勧められて初めてリワークプログラムというサービス自体を知る方も多いと思います。今このコラムを読まれているあなたも上記の過程を経てご覧になっているのではないでしょうか。

うつ病が寛解、完治したところで職場復帰(リワーク)後にうつ病が再発してしまうケースは非常に多いです。以前のコラムでも紹介しましたが、自分で職場復帰(リワーク)を行って成功した事例としては全体の2割程度しかありません。残り8割はうつ病が再発して再休職してしまったり退職に至ってしまうケースです。「体調は崩したけれども、やっぱり今の仕事を続けたい」そう思う方は多いでしょう。職場復帰(リワーク)、失敗したくないですよね?

アクセルトライおおたでは以下のようにスムーズな職場復帰(リワーク)の支援を行っていっています。

①スタッフから職場の担当者への挨拶〜事業所利用の許可、職場復帰(リワーク)期限の確認
②利用者本人と面談の上、各自にあった通所ペース・個別プログラムの提案・生活についてのアドバイス
③プログラムを通じた体力・精神力の向上、各自の課題の実施による能力の向上
④スタッフによる判断・本人の希望を通じて主治医・職場と連携を取り、職場復帰(リワーク)の準備
⑤職場復帰(リワーク)

職場復帰(リワーク)における大事なポイントは、本人が仕事に耐えうるだけの能力向上と主治医・職場との信頼関係です。このポイントをアクセルトライおおたは重要視して支援していくので、1人で職場復帰を進めていくより確実で充実した今後を歩む事ができるでしょう。

リワークプログラムを提案されてどうしようか迷われているのなら是非お気軽にご相談くださいね。

アクセルトライおおたは大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

アクセルトライおおたへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6404-9991
受付時間 9:15〜17:15 [日・年末年始除く]

新型コロナウィルスによる
感染拡大防止に伴う
営業・利用時間変更のお知らせ