就労移行支援事業所の選び方・選ぶポイントって何?

2016.08.24 (水)

就労移行支援事業所とその利用者の数は年々増加している

アクセルトライおおたを含め就労移行支援事業所は数多く存在します。

国保連の平成25年度12月までのデータによると、就労移行支援事業所とその利用者数は近年鈍化はしているものの、毎年増加傾向にあります。

%e5%88%a9%e7%94%a8%e8%80%85%e6%95%b0%e3%83%bb%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e6%89%80%e6%95%b0
【出典】国保連データ(平成25年度は4月~12月までのデータ)

数にしてみると2,725(国保連平成25年12月実績)もの事業所があり、現実的な距離の問題等を置くとそれだけの選択肢があるという事ですね。

事業所の選び方で後悔してしまう事例は多数存在する

gatag-00013992
「いざ就労移行支援事業所と利用契約を結んで、さあ就職に向けて頑張るぞ!」と意気込んだものの、後々になって「ここを選んで失敗したかも…。」と後悔してしまったケースは少なくありません。スタッフに心無いことを言われて傷ついたり、プログラム中にずっと放置されて分からない事を聞いても邪険にされてしまったり、プログラム内容に全く興味が湧かなくてやる気が出なかったり…

事業所に通うとスタッフ・他の利用者と社会的な関わりが出てくるので、もちろん事業所の規律を守るために自分の考えと違う事を受け入れたり、スタッフ・他の利用者に歩み寄る事をしなければならない事はたくさん出てきます。実際そもそもそういった社会的な生活が難しいがために続かなかったという利用者の方もいますが、そうではなく自分の目指す方向と全く違う方向に進まざるを得ない状況は本人のためになりません。

就労移行支援を利用できる期間は2年間と決められるゆえに事業所の選び方で失敗してしまうと、人生において一生を左右するような期間を棒に振ってしまう事にもなりかねません。それに1度就労移行支援事業所を辞めてしまうと、2度目以降別の就労移行支援事業所を利用するにあたり「この利用者に就労移行支援は向かない。」と行政に判断されてしまって、利用申請が通らない可能性も出てきてしまいます。

そういうリスクを考えると、就労移行支援事業所は後悔のないようしっかり選択しなければなりませんよね。しかし、どういう選び方をすればいいのか分からないという声をよく聞きます。

後悔しない就労移行支援事業所の選び方

gatag-00013751

就労に向けて期間をかけて訓練はしていきたいものの、やはり早々に収入を得られるようにもなりたいですよね。そうなるとやはり就労移行支援事業所の選び方で後悔したくないものです。そこで就労移行支援事業所の選び方・選ぶポイントなのですが、以下の点をよくチェックしてみると事業所の選び方で後悔する可能性はグッと下がります。

①週何回から通えるか?
②プログラムの内容が自分に合いそうか?
③就職実績、また新規立ち上げでまだ実績がなければ、どういった職種へ繋ごうとスタッフが取り組んでいるか?
④事業所の雰囲気

①週何回から通えるか?
自分の今の生活リズムからどれだけの頻度で通えそうかよく考える必要があります。不規則な生活がしばらく続いていると、突然週5日で毎日朝9:00スタートはとても難しいですし、疲れからか体調を崩してしまう危険が高いです。大手で安定している事業所は通所開始直後から通所ペースが早く、新規立ち上げや小さな事業所はゆったりとした通所ペースから始める傾向があります。

②プログラムの内容が自分に合いそうか?
事業所によって得意とするプログラムが違います。PC事務や掃除、ピッキングやデザイン系等千差万別です。ここの得意なプログラムは③の就職実績にも繋がってきます。

③就職実績、また新規立ち上げでまだ実績がなければ、どういった職種へ繋ごうとスタッフが取り組んでいるか?
大手の事業所は数多くの大手企業への就職実績をふんだんにアピールできる強みがあります。将来この職種に就きたいという明確なビジョンをお持ちの方にとっては非常に頼もしいでしょう。逆に新規で立ち上げたばかりの事業所は就職実績を持たないところが大半です。そういった事業所はスタッフが過去に携わった職種や事業所が提供する得意なプログラム内容を見てみるとどういった職種へ繋ごうとしてくれているか判断ができます。

④事業所の雰囲気
モチベーションの継続という意味合いではこの要素が一番重要です。事業所内やスタッフの雰囲気に触れて毎日来たくなる居場所であると感じられるとベストです。ここは実際に事業所に来てみないと分かりづらい部分なので、体験利用をしてみるといいでしょう。

じゃあアクセルトライおおたはどんな事業所なの?

上記の4要素をアクセルトライおおたに当てはめてみるとこうなります。

①週何回から通えるか?
週1回から通えます。まず生活リズムの改善を行い、通所ペースを徐々に上げられるよう支援します。

②プログラムの内容が自分に合いそうか?
アクセルトライおおたは就労移行支援事業所には珍しく事務系・軽作業系双方のプログラムに取り組む事ができ、アパレル業界の実情に詳しい代表のキャリアを活かしたアパレル・ファッションのプログラムを受けられます。バックヤード勤務を意識したTシャツの折りたたみ・ピッキングからファッション・ビジネスの講座でアパレル知識・スキル向上を促す事でアパレル業界への就職がスムーズにできるようになります。

また客観性を培うための認知行動療法を取り入れた『メタ認知トレーニング』を実施しています。「何でも人のせいにしてしまう。」「いつも自己嫌悪に陥ってしまう。」という方におすすめです。更におひとりおひとりに寄り添った個別支援を重視しており、「どんな仕事をやってみたいか自分でも分からない。」「自分の可能性を広げたい。」というお悩みの方のこれからを一緒に考えていきます。

③就職実績、また新規立ち上げでまだ実績がなければ、どういった職種へ繋ごうとスタッフが取り組んでいるか?
事業立ち上げから現時点でまだ就職実績はありません。ですが、アパレル会社経営30年の経歴を持つ代表による経営者目線での就職活動支援を強みとしており、またスタッフそれぞれの経歴、アパレル・福祉・ITといった業界・職種へ繋ぐ事を得意としています。

④事業所の雰囲気
開放的な事業所内に加え、ユーモアかつ明るくて側にいて安心するスタッフがいます。お気軽に事業所見学や体験利用を行う事ができるため、じっくり決められます。

いかがでしたでしょうか?各事業所それぞれ違った強みがありますので、体験利用や支援機関を活用して自分に合った事業所を見つけましょう。それでもどうしても迷った場合は以下の考えを持ってみてください。事業所の選び方で最も重要なポイントになります。

「もし自分の子が障害を持った場合、この事業所に通わせたいか?」

就労移行支援事業所 アクセルトライおおたは大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

アクセルトライおおたへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

現在の記事: 就労移行支援事業所の選び方・選ぶポイントって何?

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

電話でのお問い合わせ

03-6404-9991

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

おすすめコンテンツ

投稿テーマ一覧

過去の投稿一覧

⇑ PAGE TOP