仕事・就活

何をしたいのか分からない時にこそするべき事

就労移行支援事業所に通われる方には将来就労するであろう仕事に対して大まかに次の3つのタイプに分かれます。

①どんな仕事がしたいか明確にビジョンが決まっている人
②大まかに働きたい業種・職種は決まっている人
③どんな仕事をしたいか自分でもよく分からない人

①については狙った仕事に必要なスキルを磨けばいいのですぐに行動できますね。②も大まかには狙いが定まっているので、更に業界や職業の研究をしていく事で明確なビジョンを決定する事ができます。悩みとしてよく挙がるのがこの③ですね。何も決まってないから目標がなく、それゆえに何をしたらいいのかも分からない。

何をしたらいいのか分からないから何もできない…という思考になりがちですが、そんな時だからこそ起こせる行動があります。

聞いてしまうと「これが行動と言えるの?」なんて思われてしまうかもしれませんが、以前の記事『環境を変えるために実践してほしい事〜辛かったら休む事も立派なスキル〜』でも紹介した少しずつ。これこそが行動なんですね。

例えば、アクセルトライ おおたには問い合わせフォームがあります。「働く事に障害があるゆえになかなか働けない」「心に傷を負ってしまっていて企業で働く自信が持てない」という方のために、就労に移行していくにあたって困り事があったらお気軽に相談してくださいという窓口になっています。

こういった窓口に「どんな仕事をしたらいいのか分かりません。どうしたらいいでしょうか?」と問い合わせてみる。これがひとつの行動です。そしてひとつ行動すると更に次の行動へと連鎖していきます。

ここでの例で言えば、実際にアクセルトライ おおたでスタッフとお話して今自分が抱えている悩みを吐き出す。それから実際にプログラムを体験してみて、自分がなんとなく興味を持った事をやってみる…こうしてちょっとした行動を繰り返す事で自分の中の芯がしっかりしてきて、自分の目指すものが徐々に見えてくるようになります。

私自身、友人からいただいたアドバイスで心の支えとなっている言葉があります。「分からないは行動しない理由にはならない。」分からなければ、その分からない事についてネットで検索してみたり本を読んでみる。また、誰かに聞いてみる。

行動というと、何かすぐに大きな結果を残さなければならないと思いがちですが、大切な事は日常の小さな事に対する見方を少しずつ変えていく事です。その積み重ねによってひとつの大きな成果がついてくると考えてください。

やりたい事が見つからずモヤモヤしていたらこちらからお気軽にご相談ください。

就労移行支援事業所 アクセルトライおおたは大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6404-9991
受付時間 9:15〜17:15 [日・年末年始除く]

新型コロナウィルスによる
感染拡大防止に伴う
営業・利用時間変更のお知らせ