仕事・就活

新入社員へ。「とりあえず3年」という言葉に縛られず会社を辞めたければ辞めればいい

昨日が入社式だったという企業は多いですが、早いところでは1日目で「会社を辞めたい」と声を上げる新入社員も多いです。一昔前で言えば「石の上にも三年」という言葉があるように、「とりあえず3年」は働いたほうが良いと言われていました。今でもそんな「正論」を言う人は沢山います。それは「正しい」か「正しくない」かと言えば「正しい」です。ただし、これは自分がこの言葉はどう捉えるか次第で今後に活かせるか殺すか分かれてきます。

あなただったら「とりあえず3年」働くという事を以下の3つでいうとどれに近いニュアンスで捉えていますか?

1.「3年でしっかり会社に貢献できるように頑張る」

2.「3年間自分のスキルを磨いてから更にキャリアアップするために転職する」

3.「とりあえず3年働くと何か見えてくるんじゃないかな」

人によって3年間の時間の使い方は千差万別ですが、もし3に近い回答をしたのであれば、本当にそれで大丈夫でしょうか。何か見えてきましたでしょうか。残念ながら私の周囲で「とりあえず3年」と言っていた同期はみんな目の前の仕事に追われっぱなしで、そういった自分の将来像と向き合えていませんでした。私も新卒時代「とりあえず3年」と意気込んで仕事をしてみたものの、身についたのは「その会社での業務」だけでした。結局自分が何をしたいのかは見えてこなかったのです。

それから3年目、自分が何の仕事をしたかったのか模索するようになり、最終的に当時の会社とは全く違う業界へ転職しました。しかし、それで安泰だったかというと決してそうではなく、次の会社とも合わず、それから短期間で何社も転々する事となりました。とある会社では不安に押し潰されて途中で体調を崩した事もあります。それでももがき抜いた結果、今はご縁からこの就労移行支援と動画事業を立ち上げ、ようやく自分らしい生き方へ少しずつ歩めるようになってきました。

これは私の経験則ですが、自分が自分らしい生き方・働き方に向き合えない限りは「とりあえず3年」という言葉は全く意味を成さない事が分かりました。ニュアンスを自分なりに落とし込まずに言葉の表面だけをなぞった日々を送っていると、モヤモヤした気持ちをずっと引きずる事になります。

今新入社員の皆さんに伝えておきたいのは「とりあえず3年」という言葉に縛られない事です。会社によっては夜遅くまでの残業が通例となっている場合もありますし、上司からのパワハラかそれに近い日々の過剰な叱責が当たり前だったりもします。もし働いていて自分の身に「危険」を感じるようであれば、3年後とかを待たずにすぐ辞めるべきです。あなたに「危険」を感じさせる会社は世間的には有名で良い会社であっても、あなたにとっては良い会社ではありません。最悪うつ病になって休職または退職に追い込まれてしまうケースも多々あります。

今は新卒3年目までを対象とした「第二新卒」という枠で転職するという方法があります。これは新卒として入社した会社が合わず、早期離職となった若手に向けた転職マーケティングです。この採用枠を利用しない手はありません。今の時代、下手に3年働いてから転職活動するより、入社して「この会社は合わないな」と思ったらすぐ転職活動をした方が採用枠が大きいのです。

もちろん、早期離職によるデメリットもあります。「退職金、福利厚生をはじめとした待遇の不利」「世間的な信用」「転職したところで問題が解決するか」といった辞める事で自分に降りかかるリスクも理解はしておくべきです。今の会社では耐えられそうにないか、辞める事でのリスクを背負えるか、この点が自分の中で納得して受け入れられるかがポイントです。

ただもし、入社して短期間で労働環境に耐えられずうつ病になって休職・退職となってしまっていたら、自分1人で抱え込まず、アクセルトライおおたのような就労移行支援サービスを利用して復職(リワーク)、就労を目指してみるのは有効的です。もし、あなたがそういった状況となっていたのだとしたら是非気軽にアクセルトライおおたに相談してみてください。

アクセルトライおおたは大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

アクセルトライおおたへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6404-9991
受付時間 9:15〜17:15 [日・年末年始除く]

新型コロナウィルスによる
感染拡大防止に伴う
営業・利用時間変更のお知らせ