就労移行支援事業所の「見学」はどんな流れで、何が得られるの?

「就労移行支援事業所へ実際に見学に行ってみようかな」と思い立ったら即問い合わせをしてみる事をおすすめします。やろうと思っていた事を後回しにするとモチベーションが下がって「やっぱりいいや」と思ってしまうのが人間の心理です。何か行動を起こそうとしているのなら自分を変えるチャンス。「とりあえずやってみる」という行動が大事です。

とは言っても、問い合わせをして実際に見学をしに行くにも勇気がいりますし、どんな事をするのか分からないと恐いですよね。ここではアクセルトライおおたの施設見学の流れと、見学をする事のメリットについてお話します。

[目次]
1.アクセルトライおおたへ見学希望の問い合わせ
2.見学時にする事
3.見学後にする事
4.見学で得られるメリット

アクセルトライおおたへ見学希望の問い合わせ

電話やホームページにある問い合わせフォームからアクセルトライおおたに見学希望の旨を伝えます。引き続き見学希望の問い合わせをいただいた際にスタッフより「お名前」「疾患名」「お住いの地区」「どこで事業所の事を知ったか」「見学希望日時」等についてお伺いします。(電話の場合はその場で直接、問い合わせフォームよりお問い合わせ頂いた場合はスタッフより折り返し電話かメールにてお伺いします。)その場での回答が難しい場合は無理にお答えいただかなくて大丈夫です。最終的にスタッフとお話して見学日時を確定します。

見学時にする事

ご希望の見学日時に事業所にいらしてください。場所はこちらになります。

アクセルトライおおたに到着されましたら、まずはスタッフと面談の上、現在の状況についてお伺いします。「半年後には就職したい」「事務職に就きたいのでパソコンスキルを磨きたい」といった就労に向けての希望だけでなく、「前職でうつになって退職してからなかなか次の仕事ができずにいる」「家族との関係が上手くいっていなくてストレスが溜まっている」等、現在抱えている悩みを気軽に話してください。人に話すだけで気持ちがスッとします。ひとりひとり、就職に向けての希望が違えば、抱えている悩みも違います。利用にあたって不安な事、何でも相談OKです。

また、面談時に今後の利用に向けてのお話もします。事業所見学と併せてお時間があればそのままプログラムをお試しいただく事もできますし、後日改めて体験利用日時を設定する事もできます。

面談後、スタッフが事業所の案内をします。事業所に置かれている本、ロッカー、そして関わっているスタッフや利用者の方々…事業所の雰囲気を肌で感じてください。「居心地がいいな」と思えたのなら、それはきっとご縁なのだと思います。

見学後にする事

見学後は、面談時に設定した日時で体験利用をしていただきます。アクセルトライおおたのプログラムを実際に体験してみて、当日の体験利用最後にスタッフとの面談で振り返りを行います。「スタッフや他の利用者が親切でやりやすかった」「また来たい」「久々にいろんな人のいる場所に来たから疲れちゃった」率直に思った事を話してください。

そこで「また来たい」と思えたなら、次回体験利用もその場で決める事も出来ますし、ご希望であればそのまま利用の手続きもできます。「他の事業所も見学してみたい」「一度家族に相談してから決めたい」という事であれば、後日電話かメールで改めて体験利用の日時を設定する事も可能です。これまでアクセルトライおおたに体験利用に来られた方は、2〜4回程体験利用をしてみてから利用を決定される方が多いです。

もし「アクセルトライおおたに決めた!」と思えたなら、スタッフに「アクセルトライおおたを利用したい」と教えてください。利用手続きは完了するまで2週間前後かかりますが、スタッフがサポートしますので「手続きなんて自分にできるんだろうか」と心配になる必要はありません。

正式にアクセルトライおおたの利用手続きが終えたなら、いよいよ1人の仲間として就労へ向けてスタートです。一緒に着実な1歩を歩んでいきましょう!

見学で得られるメリット

利用前に見学をする事にははこんなメリットがあります。

①事業所・スタッフ・他の利用者の雰囲気が自分に合いそうか確かめられる。
②今の悩みを気軽に相談できる。
③精神医学・心理学の専門的な観点から「こころ」についてのアドバイスがもらえる。
④様々な業界経験者から「働く事」についてのリアルな体験談やアドバイスがもらえる。

①事業所・スタッフ・他の利用者の雰囲気が自分に合いそうか確かめられる。
就労移行支援事業所は通常最大2年間の利用が可能です。つまり、逆を言えば2年間は通い続ける事になります。人生においてその2年間は一生を左右するかもしれない大事な期間です。その中での選択は後悔したくないですよね。そのために正式利用前の見学・利用体験というシステムがあります。

事業所の雰囲気は入り口から入ってみた瞬間で既にある程度感じられるものがあります。「爽やか」「明るい」といったポジティブな感想もあれば「重々しい」「たばこの煙が気になる」といったネガティブな感想も出てきます。当事業所は外に面したフロアなので開放的な雰囲気を味わえます。また、喫煙所は事業所内とは別の場所に設けているので煙たくなる心配はありません。きっと開放的な雰囲気を感じ取っていただけるのではないかと思います。

スタッフ・他の利用者の雰囲気も挨拶を交わしてから二、三言話すと何となく感じる事があります。それが第一印象です。その第一印象で感じた良いこと、悪いことは後々に大きく影響してきますので、その第一印象を大切にしてください。

こういった雰囲気が自分に合うか確かめるプロセスを踏む事で、事業所選択における失敗のリスクを軽減する事ができます。

②今の悩みを気軽に相談できる。
見学時にはスタッフと面談室にて今の状況についてお伺いします。そこで、今悩んでいる事を率直に遠慮なく話してください。就労移行支援事業所に来られる利用者の方々は皆多かれ少なかれ悩みを抱えています。「就労の事」「自分自身の障害の事」「家族の事」「人間関係の事」人によって悩みは様々です。「こんな事話す必要あるのかな」そう躊躇しなくて大丈夫です。今抱えている事を吐き出すだけでスッキリします。スタッフに遠慮なく今の思いをぶつけてください。

③精神医学・心理学の専門的な観点から「こころ」についてのアドバイスがもらえる。
スタッフの中には精神医学・心理学を専門的に学んで現場に長年携わってきた精神保健福祉士の資格を持つ人間がいます。あなたの「こころ」の悩みに真摯に答え、これからのあなたが就労に向けてその「こころ」の問題と向き合っていくためのアドバイスをします。通院が中心の生活から社会生活へ切り替えていくためには自分の「こころ」をコントロールできるようになる必要があります。見学・相談をきっかけにあなたの「こころ」への向き合い方が変わる事でしょう。

④様々な業界経験者から「働く事」についてのリアルな体験談やアドバイスがもらえる。
アクセルトライおおたには福祉とは別のアパレル・IT・エンタメ業界等、様々な業界で働いていたスタッフがいます。彼らが現場で直面して、そこで得られた事はノウハウとしてあなたに価値を提供できる事でしょう。決して綺麗事だけではなく、お金をいただく仕事という立場上嫌な事もたくさんありました。そんな事もあなたが今後働くにあたってノウハウとして得られるのであればいくらでもお話します。是非あなたの将来の仕事に向けて知識を持ち帰ってください。

いかがでしたか?見学希望の問い合わせをするにしても、流れが分からず躊躇しているという方にとってこの記事がひとつの助けになればと思ってます。

大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

アクセルトライおおたへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせ・ご相談はこちら

電話でのお問い合わせ

03-6404-9991

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

おすすめコンテンツ

投稿テーマ一覧

過去の投稿一覧

⇑ PAGE TOP