うつ病

うつ病による休職のメリット・デメリット~社会復帰が不安なら大田区の就労支援サービスへ

うつ病による休職のメリット・デメリット~社会復帰が不安なら大田区の就労支援サービスへ

辛いうつ病の症状。休職するかどうか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

自分自身の体のことを考えれば、ゆっくり休んだほうがいいことは間違いありません。

でも「職場は忙しいから、休職したら迷惑をかけてしまうかも」と、職場のみんなのことを考えれば、無理して働こうとしてしまうかもしれません。

ここではうつ病で休職するメリット・デメリットをお伝えし、自分にとってベストの選択肢ができるようにしていきましょう。

うつ病で休職するメリット・デメリット

うつ病治療の基本は早期発見・早期治療です。

休職して早く治療に取り組むことによって、早く復職できる可能性も高くなります。

逆に言えば、そのまま無理して働き続けていると、うつ病を悪化させてしまい、どんどん治りにくくなってしまいます。

それでも無理をして働き続けるのは、休職すると迷惑をかけてしまう、職場で不利になってしまうといったデメリットに目がいくからでしょう。

しかし働き続けるためには、その資本となる健康を回復させることがもっとも大事です。無理して悪化させないような工夫も大事になります。

うつ病で休職するメリット

  • 治療に専念することができる
  • ストレスから解放される
  • 自分と向き合うことができる

うつ病でもっとも大事なことはゆっくり休息することです。

休みが必要であることは分かっていても、仕事をしていると職場に配慮して、思うように休みが取れないということも多いのではないでしょうか。

休職すると治療に専念でき、今までのストレスから解放されるようになります。

最初は休むことが甘えや怠けのように感じていたとしても、自分と向き合う時間が取れるようになると、働き方についても考えるようになるでしょう。

うつ病で休職しても、適切な治療に取り組んで改善させることによって、復職することができます。

収入が心配であっても、傷病手当金などの給付や手当などを活用すれば、収入を得ながら治療に取り組むことも可能です。

うつ病で休職するデメリット

  • 社内での評価に影響が出てしまう
  • 収入が減ってしまう
  • 孤独に感じて焦ってしまう

うつ病によって休職することに抵抗がある方には、「会社での評価」と「収入」を気にしていることがみられます。

今まで頑張って仕事してきた方の中には、今後のキャリアを考え、社内において高い評価が得られるように取り組んできたという方も多いでしょう。

企業や上司の中には休職に対して、あるいはうつ病に対して、ネガティブに捉えられてしまうことは、考えられることであると言えます。

そんな中で休職することになってしまうと、孤独に感じてしまい、社会から取り残されているような感覚となり、大きな焦りとなってしまうこともあるのです。

うつ病で休職しないメリット・デメリットも理解しておく

うつ病は冒頭からお伝えしている通り、早期発見・早期治療が早期に改善させるカギとなります。

しかしそれでも休職を選択せずに、働き続けるという選択をすることもあるかもしれません。

ただうつ病は甘えや怠けといった心の持ちようで発症するのではなく、脳の働き悪くなることによって生じる症状ですから、きちんと治療を継続することが大事です。

そのようなことから、うつ病で休職しない選択を考えている方であれば、そのメリット・デメリットについても理解しておくといいでしょう。

うつ病で休職しないメリット

  • 働き続けることができる
  • 収入が確保できる
  • 通院して治療ができる

うつ病の診断を受けたとしても、休職せずに通院して治療に取り組むことは可能です。

自分自身の体調と相談しながらにはなりますが、働き続けられるのであれば、キャリアや評価のことが大きく気になることはなくなります。

また上司などに相談することによって、業務を軽減してもらえたり、時間外業務を外してもらえたり、部署の配置転換などの対応をしてくれることがあるかもしれません。

働き続けることを条件に職場に相談すれば、理解も得やすいかもしれません。

うつ病治療の状況なども報告するようにしておけば、うまく仕事が継続できるように工夫することができるでしょう。

うつ病で休職しないデメリット

  • 無理して働き続けてしまう
  • 仕事でのストレスを解消できない
  • 病院に通院できない

休職せずに働き続ける場合、そのまま無理して働き続けてしまったり、業務上のストレスが積み重なってしまうリスクが大きいのではないでしょうか。

うつ病を発症してしまう性格傾向として生真面目で努力家な方が多いと言えますので、職場や同僚のことを優先的に考えて、症状を悪化させてしまう可能性が考えられます。

しかも仕事が忙しくなり、必要な通院ができなくなってしまうと、うつ病を改善させることまでもできなくなってしまうのです。

うつ病で休職を選択した方が知っておきたい復職の方法

うつ病での休職には、さまざまなメリットやデメリットがありますが、休職を選択した際には利用できる復職の方法を知っておくことが大事です。

医療機関や東京障害者職業センターでは積極的に復職支援に取り組んでいます。また就労移行支援事業所で取り組んでいる復職支援を活用することも有効です。

これらの復職支援を利用する場合には、休職のメリットを活かし、デメリットの解消が可能になることも多くあります。

休職中にはうつ病治療に専念し、自分の働き方を見つめなおすことができますが、復職支援によって新たな働き方を見つけるきっかけになることも少なくありません。

自分の性格特性にあった働き方をみつけ、仕事を続けながら体調管理に努めることも可能となります。

また復職支援で学んだストレスに対する対処法を実践して、職場でのストレスをうまく回避することもできるようになります。

休職を選択しても、このように復職支援を受けることによって、自分の気付きに繋げることができますから、大きなプラスになるのではないでしょうか。

まとめ~大田区で就労支援サービスを受けるなら

大田区で就労支援サービスの利用を検討しているのであれば、アクセルトライおおたにご相談ください。

うつ病は適切な治療を受けることが大切です。

休職期間中は、治療にしっかり取り組む期間として捉え、また復職に向けてのスタートと考えるといいでしょう。

「このまま働けないのでは…」と不安に感じているのであれば、一人で抱え込んでいても解決することができないどころか、うつ病を悪化させてしまう可能性があります。

そのためうまく復職支援サービスを活用すればいいのではないでしょうか。

アクセルトライおおたではうつ病で休職している方が安心して復職できるように、自分にあったプログラム、職業訓練を提供しています。

働き続けるためのアドバイスも受けることができますから、ストレスに対してうまく対処できるようになります。

休職や復職に対して不安や焦りを感じているようであれば、お気軽にアクセルトライおおたにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6404-9991
受付時間 9:15〜17:15 [日・年末年始除く]

新型コロナウィルスによる
感染拡大防止に伴う
営業・利用時間変更のお知らせ