自立訓練(生活訓練)とは

自立訓練(生活訓練)とは?

自立訓練(生活訓練)とは、障害者総合支援法で定められた通所型の障害福祉サービスです。

2年間通うことができ、自立した生活を送れるようになりたい障害のある人が生活能力向上・維持のために必要な知識・能力を身につけるトレーニングを行う場所です。

トレーニングだけでなく、生活に関する悩み事についてスタッフからアドバイスを受けたり、一緒に解決方法を探す事ができるのが特徴です。

自立訓練(生活訓練)はどういう人が利用するの?

・病院を退院したが、元通りの生活を送れるか不安
・うつ病になってから朝起きれない
・就職、復職したいが、すぐにできる自信がない
など、障害によって自立した生活を送る事が難しい人が主に利用をします。

自立した生活のためのトレーニングを行い、本人の状況や希望に応じて就労移行支援との連携や就職、復職に繋ぎます。

自立訓練(生活訓練)を利用したい場合、下記の条件を満たしている方が対象になります。

①地域生活を営む上で一定の支援が必要な方
②65歳未満の方
③精神・知的障害や難病のある方(身体障害の方は応相談)

毎月の費用について

区分 世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯(1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(2)未満)

※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)

9,300円
一般2 上記以外 37,200円

(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。
(注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

自立訓練(生活訓練)は、うつ病をはじめとした障害や難病がある方にご利用いただけます。
障害者手帳をお持ちでない方も、医師の診断や定期的な通院などがあれば、利用が認められる場合も多くあります。

詳しくは、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

自立訓練(生活訓練)を利用するメリット

・自分の悩みを誰かに相談できる
・定期的に通うことで生活のリズムが安定する
・自分の障害について理解できるようになる
・将来的に就職、復職も目指せるようになる
・社会的な繋がりを作れるようになる
・コミュニケーション能力がアップする
など、様々なメリットがあります。