双極性障害持ちで仕事をしたい方にこそ知っておいてほしい事

2016.12.28 (水)

うつ病だと思っていたあなたがもし急に調子が良くなって気分がいいと感じたら、もしかするとそれはうつ病ではなく双極性障害かもしれません。ここでは双極性障害とうつ病の違いから、就活をして仕事に臨んでいくためにどう対処していけば良いかお話をしていきます。

気分障害とは?

まず大きな括りの障害名として気分障害というものがあります。気分障害は読んで字のごとく“気分”に障害があるという事です。気持ちのコントロールができなくなってしまうゆえに、場の雰囲気にそぐわない妙にハイテンションな時があったり、時に極端に気分が落ち込んでしまいます。

この気分障害を大きく分けると『単極性障害』と『双極性障害』が出てきます。

『単極性障害』はすっかりメディアでも取り上げられるようになったいわゆる『うつ病』の事です。続いて『双極性障害』というのはいわゆる『躁うつ病』の事であり、こちらの言い方の方がご存知の方は多いでしょう。

うつ病と違ってくるのは、双極性障害(躁うつ病)はうつ状態に加え、躁状態が加わった障害です。躁状態というのは、気分が落ち込むうつ状態とは逆で、ハイテンションな状態の事です。躁うつ病はこの2つの状態が繰り返し表れます。症状がうつ病とは異なるため、向き合い方も変わってきます。

調子に波があるのは普通

うつ病も躁うつ病も同じですが、事前に知識として持っておいてほしい事は「調子に波がある」という事です。直線的に徐々に良くなっていくという病気ではありません。この波を理解せずに直線的に治っていくという勘違いをしていると、うつ状態が落ち着いてきた時に「うつ病が治った!」と勘違いをして、自己判断で薬の服用を止めてしまったり、通院をしなくなってしまったりしてしまい、また症状が出てきた時に悪化させてしまう恐れがあります。

逆に症状が重い時に「自分のうつ病は治らないんだ…」と思い込む必要はないという事です。これらは治療経過中の波によるものなので、一時の症状の度合いで一喜一憂して楽観的になったり悲観的にならないよう自分をコントロールしていきましょう。

しかし、双極性障害となると気分がハイテンションな状態であると、症状が自覚できない方が多くコントロールが難しいと言われています。

調子が良い時こそ危険!?

双極性障害の方が躁状態に入り、調子が上向きになるとうつ病の方以上に「もう治った!」と勘違いしやすいです。調子が良く元気なのでついつい夜遅くまで遊びに出かけたり、色んな活動に精を出す事が多いのですが、後に反動がやって来ます。特に躁状態で調子が良いほど反動が大きく、またうつ状態に入った時に大きく落ち込んでしまいます。

病気として考えてみた時、周りから見ればうつ状態から急激に元気になるのは違和感がありますよね?「あんなに落ち込んでたのに急にどうしたんだ?」と心配になってしまいますよね。でも本人としては辛い状況から抜けたと思うので、嬉しさのあまり活動的になって自分の症状と向き合えない傾向があります。

ですので、この反動を抑えるためには躁状態での活動を落ち着かせる必要がでてきます。ですが、本人としては調子が良いことは喜ばしい事なので、活動を落ち着かせようとすると、「せっかく調子が良いのに何で活動しちゃダメなんだろう…」と反発心が出てきてしまいます。

この事から、双極性障害脱却のヒントは躁状態を本人に自覚させる事です。

上手く波に乗るために必要な事

双極性障害の方に症状を自覚させる方法として、毎日の生活記録をつけさせる方法があります。毎日の起床、食事、入浴、就寝といった日々の生活を行ったそれぞれの時間を記録としてつけていきます。日々の記録をつけていけば、急激に調子が良くなった際のサインが見えます。

分かりやすい傾向として、躁状態の時は睡眠欲求の減退がありますので、急に睡眠時間が極端に減った日はその後の経過に注意するようにしてください。他にも急に夜遅くまで出かけるようになったり、これまでの生活と違和感を覚えるくらいに変化が見えたら躁状態に入った事を疑うようにしてください。

記録をつける事で調子の波を把握できるようになるだけでなく、精神状態の振り返りや生活リズムの見直し、改善に繋がります。仕事をする上では日々の安定した生活が必要不可欠なので、記録をつける事が双極性障害の方にとって就職への大きなステップアップとなっていくでしょう。

また、毎日顔を合わせている家族や、支援機関を利用していればスタッフに客観的な意見を聞く事も効果的です。主観では気分が落ち込んでいると「ずっとうつで何も変わってない…」と悲観的になり、躁状態では「調子が良いからもう大丈夫!」と楽観的になりがちです。そこで客観視できる周囲の方は積極的に意見を出してあげましょう。

特に躁状態の時は自尊心肥大により威張り出したり、根拠のない自信を見せたり、好かない相手に敵意がむき出しになったり、周囲からすると不快になる行動をしやすくなります。この時に周囲から「あなた調子が良い時こういう事をする傾向があるよ。」と言ってあげます。

ここで本人にも、周囲から言われた事を頭ごなしに否定せず、周囲からはそう思われていると認識させてあげる事が大事です。

アクセルトライおおたのような就労移行支援事業所なら、このような日々の生活の調子の波を認識して就職活動ができる状態まで安定状態に持っていく事ができます。自宅での療養生活は安定したものの、いざこれから就職活動をするとなると双極性障害ゆえになかなか仕事ができそうにないと自信のない方に是非おすすめしたいです。

アクセルトライおおたで規則的な生活リズムを取り戻し、就職活動へのステップアップを踏んでいきましょう。

就労移行支援事業所 アクセルトライおおたは大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

アクセルトライおおたへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

現在の記事: 双極性障害持ちで仕事をしたい方にこそ知っておいてほしい事

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

電話でのお問い合わせ

03-6404-9991

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

おすすめコンテンツ

投稿テーマ一覧

過去の投稿一覧

⇑ PAGE TOP