心理学・モチベーション

今日を頑張り始めた者にのみ明日がやってくる

今自分の置かれている状況を考えた時、「あの人はいいよな。」とか「自分は何故こんなにできないんだろう。」と劣等感を持った事、沢山あったのではないかと思います。もちろん、生まれた境遇やこれまでの人生における環境に左右されて、既に開けている道を進む人もいれば茨の道を進む人もいて、境遇という意味では決して平等とは言えない現実があります。

しかし、『時間』は境遇によって自由の差はありますが誰にも与えられている平等な存在です。この自由な時間、あなたはどう使っていますか?

①楽しい事や楽な事をして過ごす。
②自分の将来成したい事を目指して行動する。

食事や睡眠など、生きる上で必須な行動以外では基本的にこの2つだと思います。ですが、恐らく自分で分かっている事でしょうが、当然①だけをずっと続けていると将来的に 仕事も収入も満足できない人生を送る事になるでしょう。

どういう人生を進むかは自分で選択ができます。しかし、その選択した人生に進むためには自由な時間を如何にして ②に費やせるかにかかっています。

①はひたすら遊んだりダラダラ過ごしたりして楽しく楽ですが、②は勉強したり本業とは違うところで仕事をしたりで大変ですし、辛い事が多いです。人間辛い事からは逃げようとしたがります。しかし、この事から逃げてばかりいると将来自由な時間自体がどんどん少なくなってしまいます。

よく「明日からがんばろう。」と言って今日行動を起こさない人を見ます。そういう人はほぼ明日もやらないんですよね。スティーブン・リーコックというカナダの有名な作家が残したこんな言葉があります。

「人生の進み具合というものは、なんと奇妙なものだろう。小さな子供は「もっと大きくなったら」というではないか。だが、どうしたことだ。大きくなった子供は、「大人になったら」というではないか。そして大人になると、「結婚したら」というではないか。けれども結婚したら、いったいどうなるか?考えがころりと変わって、「退職したら」というではないか。やがて退職が現実のものになると、自分の過ぎし日を思い浮かべる。

そこには木枯らしが吹きすさんでいるようだ。どういうわけか、全てを取り逃がしてしまった。もはや過ぎ去ってしまったのだ。そして遅ればせながら、我々は学ぶ。人生とは生きる事の中、つまりは毎日毎時間の中にあるのだという事を。」

この言葉を見ると分かるように人間は事を後に後に回しがちだという真理をついていますね。あなたは後になって後悔はしたくないですよね?

・やっても意味がない。
・周りがやめておけと言う。
・失敗したら取り返しがつかない。

だからあなたはやらないのでしょうか?いざやってみるとそんな心配はいらなかったなんて事は多いです。先にある事は実際にやってみないと何も分かりません。むしろやった結果が失敗だったとしてもそれによる経験が後に活きてきます。

世の中の成功者が最初から成功したのかと言うとそんな事ありません。失敗に失敗を重ねて得た経験を 活かしたからこそ成功しています。その経験も『やってみる』でしか得る事ができません。将来自由な人生を送るために今日から早速行動を開始しましょう。

アクセルトライおおたでは思い立った事に一歩を踏み出せない障害をお持ちのあなたのために後押しをしていきます。是非こちらよりお気軽にご相談ください。

大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6404-9991
受付時間 9:15〜17:15 [日・年末年始除く]

新型コロナウィルスによる
感染拡大防止に伴う
営業・利用時間変更のお知らせ