仕事・就活

双極性障害(躁うつ病)により退職してしまった人が再就職を成功させるためには?

双極性障害により退職せざるを得なくなってしまったというケースは多々ありますが、そこから再度就労するというのはなかなか難しいものです。

双極性障害は躁状態の度合いが異なるⅠ型、Ⅱ型とあります。(厳密には遺伝的、経過・症状や治療薬が異なるといった要素もあります。)度合いは違えど、躁状態時は危険で軽度なⅡ型でも衝動的な行動が目立つようになります。ちょっとした事でも苛立ちを覚え、周囲をかき乱すようになり、トラブルメーカーとなってしまいます。しかし、ある時にうつ状態になると、今度は会社を休みがちになります。会社に来ればトラブルを起こし、ある時突然会社に来なくなる…本人の状態がありますし、気持ちは汲み取ってあげたいのですが、残酷ながら会社にとっては面倒な事です。早かれ遅かれ退職せざるを得ない状況となってしまいます。

そんな方がよく就労移行支援事業所にいらっしゃいます。「双極性障害で退職してしばらく休んで以降、ずっと再就職先を探しているがなかなか雇ってもらえない」会社側にとっては採用に躊躇するのも無理もありません。「本当にこの人を雇って大丈夫なのだろうか」またトラブルを起こさないか心配になります。

そうすると、会社にそういった心配な思いをさせない事で一気に就職への道が開けると思いませんか?ではどうすれば「この人なら大丈夫そうだ」と思ってもらえるか。そこで就労移行支援事業所の活用です。就労移行支援事業所は障害によりプライベートな生活しかしていなかった人を社会生活へ羽ばたかせる橋渡し的な存在です。就労・復職(リワーク)を意識して日々訓練に臨んでいる仲間やそれを支えるスタッフと共に一緒に取り組んでいく事ができれば、就職活動時、復職時の面接・面談にてアピール材料になります。

「日々決まった事を安定してやり遂げているか」「トラブルを起こさず上手くコミュニケーションを取れているか」「日々の活動を通じてスキルアップができているか」こういった要素を就労移行支援事業所でクリアしていれば、仕事においても十分クリアしていけるだろうと判断できます。

現在アクセルトライおおたの利用者にも同じような事で悩んでいましたが、日々力をつけており、着実に就職準備を整えていっています。利用者様の声に体験記として掲載されていますので、あわせてご覧ください。

アクセルトライおおたは大田区大森・蒲田や品川区五反田近辺にお住まいの方はもちろん、目黒区、世田谷区、港区、渋谷区、杉並区をはじめとした東京都23区等にお住まいの方々からのお問い合わせをお待ちしております。

うつ病・発達障害をはじめとした精神障害をお持ちの方を中心に知的障害・身体障害・難病ゆえに就職が難しいあなたのためにスタッフ全員でサポートしていきます。

アクセルトライおおたへのお問い合わせはこちらからどうぞ。

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6404-9991
受付時間 9:15〜17:15 [日・年末年始除く]

新型コロナウィルスによる
感染拡大防止に伴う
営業・利用時間変更のお知らせ